こだわり

この社会人としての4月~12月を振り返ってみて、おもしろいことに気づいた。

それは、「俺は変にこだわっていたかな」ということ。こだわっていたと言うと聞こえはいいけど、要するに、自分が思うように仕事なり、生活は進んでいくとちょっと勘違いしてしまっていた。

だからちょっとうまくいかないと、「こんなはずはない」と思い、「もっとできるはずだ」と思い、しまいには「でも、やっぱりできないのかも」なんてアホなことも思った。でも、どれもしっくりこなくて、結局自分がやってることしかやっぱり結果としては出てこないから、結果が出ないということはやっていないんだと思うことにしました。まったく、「こだわり」っていう言葉のポジティブな響きとは程遠いよね。

今書いたようなことは、最近振り返って気づいたことかと言えば、違って、最初は社会人に染まっていく自分が正直嫌でたまらなかった。今も嫌だなぁと思うことはあるけど。でも最近はちゃんとサラリーマンもカッコいいんだって気づいてきました(笑)

話は戻って、迷いとか、葛藤があったから、当然のことながら、仕事に100%集中することもできなかったし、それがさらなる失敗とか、迷いとかを生み出したりしてた。そんなことは実はわかっていて、原因は何かを突き止めてるくせに、きっちり対処してしまうと精神衛生上よろしくないと思ったから原因は見ないようにしてた感じかな。

でも、今はようやく前向きに捉えられるようになってきた。だって、自分が選んだ道で、ちゃんと結果を残したいだとか、このままで終われないと思ったら、やるしかないんだもん。何が正しいとか、間違ってるとか散々考えてたどりついたんだから、多少迷うことはあっても、もう行動あるのみで、結果が出てから考えればいいかなと思う。
こういうときにブログをちゃんと更新してれば、この考えに至るまでの自分の考えの道のりが見れて楽しかっただろうに・・・(~_~)

隣の芝は青く、俺の周りにいる人は、やっぱり輝いて見えて、周りの同期がどうだとか、友達はすごいことをしてるとか、かっこいいとか、それに対してへこんだり、勝手にやる気をだすのはいいけど、でも、ホントに俺がなりたいのは、自分がやってることに対して、自分で満足することだし、まわりの人は確かにみんな魅力的で、その人の話をしてると楽しいし、何故か自分も誇らしいけど、やっぱり自分のことを自信をもって話せるようになりたいから、それを思うと今までかなり志が低かったかなと感じる。

自分がやってることをちゃんと自分で確認して、舵取りをする意味でも、独りよがりにならないようにする意味でも足跡を残すのは大事だと思ったので、反省も含めてまた勝手にブログを再開した次第。コメントなど、是非書いてくれたら、喜んで読ませてもらいますので、よろしくです。
[PR]
by choose_imperfect | 2006-01-04 23:46 | 俺の頭に踏み込む
<< 運転 残すこと >>