地震のくそが・・・。

先日俺の故郷の新潟では、稀に見る大地震が発生した。ニュースで地震の報道があったときには俺は銀座でバイト中。カウンター業務のため、グラスのちかくにいた。と、グラスが突如、グワーって揺れだした。「最近はどうなってんだ」なんていいながら、バイトを続けていると、新潟で震度6。震度6!!??大丈夫なのか??電話をしてもいっこうにつながらない。不安がつのる。その日はバイトの人の送別会。もちろん楽しく飲めるわけがない。早々にバイトをひきあげ、家に帰り、テレビをみる。と、かなり悲惨な状況。電話はいっこうにこない。新潟の友達でこっちにきてる奴すら、俺の家を心配する始末。だって、俺の家の地域直撃だもの。

友達が家族に連絡がつながっていく中、なんかやりきれなくなってきて、テレビをつけたまま寝てしまっていた。昼近い11時に親父からの電話で起こされるとなんとか無事だとのこと。でも親父なんて階段から転げ落ちて死にかけたとか言っていた。地震のすごさを思い知る。おふくろは?弟は大丈夫なのか?気になる。しかし親父いわく、親父が階段から転げ落ちて死にそうだったってことを聞いたおふくろは大爆笑だったらしい。もう大丈夫。おふくろがいればウチは大丈夫です(笑)
[PR]
by choose_imperfect | 2004-10-25 14:04 | 日常生活に踏み込む
<< 選挙戦 フィリピン >>