<   2004年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

地震のくそが・・・。

先日俺の故郷の新潟では、稀に見る大地震が発生した。ニュースで地震の報道があったときには俺は銀座でバイト中。カウンター業務のため、グラスのちかくにいた。と、グラスが突如、グワーって揺れだした。「最近はどうなってんだ」なんていいながら、バイトを続けていると、新潟で震度6。震度6!!??大丈夫なのか??電話をしてもいっこうにつながらない。不安がつのる。その日はバイトの人の送別会。もちろん楽しく飲めるわけがない。早々にバイトをひきあげ、家に帰り、テレビをみる。と、かなり悲惨な状況。電話はいっこうにこない。新潟の友達でこっちにきてる奴すら、俺の家を心配する始末。だって、俺の家の地域直撃だもの。

友達が家族に連絡がつながっていく中、なんかやりきれなくなってきて、テレビをつけたまま寝てしまっていた。昼近い11時に親父からの電話で起こされるとなんとか無事だとのこと。でも親父なんて階段から転げ落ちて死にかけたとか言っていた。地震のすごさを思い知る。おふくろは?弟は大丈夫なのか?気になる。しかし親父いわく、親父が階段から転げ落ちて死にそうだったってことを聞いたおふくろは大爆笑だったらしい。もう大丈夫。おふくろがいればウチは大丈夫です(笑)
[PR]
by choose_imperfect | 2004-10-25 14:04 | 日常生活に踏み込む

フィリピン

そういや、夏休みにフィリピンに行ってきたんだった。そのこといまさら書きます。まず、あの国は人がやさしい。というか、欲がない感じがする。そりゃ、チップとかねだるし、ストリートチルドレンとかたくさんいて、生きるためには貪欲なんだけど、生活そのものをなんとか工夫して豊かにしようっていう欲がない感じ。だから意地悪い感じはなく、単純で、なんか人懐こくて、いい感じだった。で、ちょっと思ったのが、白人とか、日本人とかほとんどいない。中心部じゃなかったからかな。でもなんか不思議な感じがした。どこいっても、白人と日本人はいるからなぁ。

で、びっくりしたことはフィリピンの人はどうやら白人にあこがれてるみたい。Sirなんとか、とか、Momなんとかって言うし、食事はフォーク使うし、肌は焼きたがらないし。なんかもったいない気がした。 

話は変わるけど、俺、ちっちゃいころ、インディアンとかも車に乗るんだって思ってた。文化ってものはひとつで、みんながアメリカみたいな暮らしを本当はしたいんだって思ってた。でもそれは違うんだよね。当たらずとも遠からずって感じだけど、日本に関しては。でもそれぞれの国が文化をもって、それを誇ることって素晴らしいのに、どんどんアメリカナイズされてってる。アメリカだけとはいわない。でもなんか世界が欧米チックになっていってる。グローバルなんて嘘だよね。俺、アメリカの広告とマーケティングに関して勉強してるけど、世界標準なんて、豊かな国がもっと豊かになるための戦略だよ。なんて、わかりきったこといってしまった。でもそれが本当に悪いなんて思わない。俺だって資本主義の中で納得して生きてるんだから。

俺、外国人に会ったり、外国に行くたびに自分の愛国心の低さが恥ずかしくなるんだ。(そんなにたくさん行ったわけじゃないけどね。)だけど、それは、すべての国に言えることじゃないってことがわかった。だってフィリピンでは感じなかったもの、「愛国心がたりねぇなぁ俺」って。なんかそういう意味でフィリピンは日本に似てるなって思った。
b0038505_1121998.jpg

写真はトライシクル。現地の乗り物でそれぞれの行き先を運転手に告げる。めずらしくこの写真では白人の運転手。めずらしい。ハーフかな。俺はこういう人には出会わなかった。料金はすんごい安い。ちなみに日本人観光客はほとんど乗らない。
[PR]
by choose_imperfect | 2004-10-21 11:03 | 日常生活に踏み込む

最近・・・。

b0038505_1028286.gif
4年になって、株のサークルに入った。最近はちょっとモチベーションがさがり、なかなか出席していないのだが、今日は発表とあって、ちょっとリサーチ中。上のは俺がちょっと注目している株のチャート。最近のマンションブームにより、株価はあがりそうだ。安いうちに買っておけばもうかりそう。だけど、まだ学生の俺には手が届かない世界だ。なんで株に興味をもったか?それはなんか、資本主義のシステムの中で株ってけっこう大きなウエイトをしめてるような気がしたから、どういう仕組みで成り立っているのか知りたかったから。よって、べつに株を運用する気はない。
[PR]
by choose_imperfect | 2004-10-21 10:28 | どーでもいいことだけど踏み込む

誕生日

俺の22歳の誕生日は最高だった。彼女と一緒にイタリアンの店に行き、そのあと、実写では不可能といわれていた永井豪の名作、「デビルマン」の映画を見に行き、んで、銀座をちょろちょろしたあとに、すし屋にいったってな具合だ。そのすし屋のにぃさんの仕事がすごくて、手さばきに見入ってしまった。(ちなみにすし屋のくせに1時間以上並んだ。でもその価値あり!すし屋のにぃさんの寿司ダコっていうのか、あの手のタコにはかなり刺激をうけた。)うまかった。しかし「ありがとう」ってのはいいね。みんなをしあわせにするね。この場をかりてありがとう。

その2日後、今度は大学の友達が15人くらいでナイショで俺の誕生日会を計画してくれたらしく、最高の誕生会に招待された。ドアをあけるとクラッカー!俺は素でちょっとビックリしてブルってしてしまった(笑)で、ケーキやら、自由帳へのメッセージやら、手紙やら、酒やらで本当にいいつくせないくらい感動した。

その会が4時ころにお開きになり、家に帰ったはいいが、人生最大の感動のリバウンドは大きく、酔っ払いすぎて人生最大にゲロゲロでした。本当にいい誕生日だった。俺より誕生日後にくるやつ!!この誕生日を越える誕生会を企画してやるぜ。お楽しみに☆b0038505_1046664.jpg
[PR]
by choose_imperfect | 2004-10-20 14:15 | 日常生活に踏み込む

渓谷道

b0038505_1404149.jpg

俺は添乗員のバイトもしている。銀座でのダイニングのウエイター(っていうのか?)とかけもちだ。これは添乗で、山梨の渓谷道を歩いたときのモノ。渓谷なんて歩くことはなかったからすんごい楽しかったし、なんで、ハイキングとかするおじさん、おばさんがいるのかわかった気がした。俺には自然の何たるかとかはわからないけど、渓谷道!!いいもんです。
[PR]
by choose_imperfect | 2004-10-13 01:40 | 日常生活に踏み込む

非日常性

b0038505_139150.jpg

非日常性を与えてくれる人っていいよね。たとえば、知らなかったことを教えてくれる人とか、行ったことのないところへつれてってくれる人とか、やったことないこと一緒にやろうっていってくれる人とか。俺の彼女はそんな人です。非日常性をくれる人。ちっちゃいことかも知れんけど、非日常性のおかげで感動はあります。というわけで、家のベランダにも緑を計画(笑)ミニトマト、ピーマン、ナス、とうがらし、イチゴを植えてみました。全部食えたよ。
[PR]
by choose_imperfect | 2004-10-13 01:39 | 日常生活に踏み込む

メリークリスマス

b0038505_1352834.jpg

去年のクリスマス。駒込の友達の家に淋しいやつら大集合!もう一年になるのか。それにしてもこの時も大変だった。「テキーラ!」とか言ってがんがん飲んでるヤツらがいて、一人は部屋の隅で吐き、住人マジ切れ。結局朝まで飲んでた。でもこのころから最高の仲間たちによる、大規模の最高のバカパーティが始まってきたような気がする。そら、警察もくるわ(笑)
[PR]
by choose_imperfect | 2004-10-13 01:35

京都

b0038505_1333932.jpg

いろいろあったなぁ。すんげぇ楽しかったし、ブラックなこともあった。清水寺、金閣いろいろいった。8人くらいで行ったけど、ぜんぜんみんな別行動。夜めしと寝るときだけ一緒って感じ。ユースホステルだったかんね。途中で埼玉から友達が一人ドッキリで乱入するっていう事件もあった。そのためだけに、新幹線往復。で、寝る床はユースホステルには言っていなかったため、京都のそいつの友達の家。かなりのツワモノです。
[PR]
by choose_imperfect | 2004-10-13 01:33

こういう時いつも

b0038505_1312195.jpg

警察が来ます。そろそろブラックリストかなぁ(笑)
[PR]
by choose_imperfect | 2004-10-13 01:31

縦に

b0038505_129896.jpg

海に行ったときのもの。朝焼けを見たり、酒飲んで語ったり、俺だけ家出したりいろんなファンキーな思い出つくった。これは友達を縦に埋めてみました(笑)
[PR]
by choose_imperfect | 2004-10-13 01:29 | 日常生活に踏み込む